鍼灸のチカラで美脳ホルモンUP!

鍼灸のチカラで美脳ホルモンUP! ~子宮の働きを維持する鍼灸のチカラ~


ひとりで悩んでいませんか?生理周期の乱れが続いていませんか?

生理痛・生理不順による肌荒れ、頭痛、腹痛 

20~30代に近年増えている、自律神経バランスの乱れによる若年性更年期症状

生理周期が短い、遅れることもしばしば、気づいたら生理がこない月もある・・・

生理的機能にエラーを起こさず、健康な卵子、たまごを維持したい婚活女性にとって骨盤内の働きを良くすることは、とても大切。

同じように女性ホルモンの分泌指令、分泌調整の指令を出す脳の働きも大切です。


忙しい女性でも毎日の生活でできることから始めると変化が見えてくる。


体の冷えを取り除くことを考えると、足湯から。

忙しくてシャワーですませる日でも頭を洗っているときに足元は熱めのお湯で足湯。ながら足湯です。

半身浴だと、体の深部まで温まる前に汗が出てきますが、足湯では、深部が温まらなければ汗が出ないので、

末端部を温める足湯が効果的です。体の末端部にしっかりと血液を送り届けることは体全体の神経系の安定にもつながるので、

日々の疲れやストレス、イライラの抑制にも効果的。


足湯が面倒な場合、お灸がおすすめ。テレビを見ながら、入浴後や夜寝る前に毎日することで、必ず体の変化が出てきます。

生殖器系につながる経絡(ツボが点在しているライン)の三陰交(さんいんこう)や足三里(あしさんり)、照海(しょうかい)などがおすすめです。


毎日必ず行っていることといえば、食べること。食事です。

疲れきっていて東洋医学的に腎機能が弱っている方は、玄米、黒豆、黒ゴマ、黒きくらげ、海草などの黒い食べ物がおすすめ。


砂糖、アルコール、コーヒーは控えたいですね。

砂糖は、体を冷す食べ物で、最近ではうつにも関係するものと言われています。

アルコールも体の水分を失いやすく、血液の流れを阻害しやすくするので、コーヒーも同じような意味から控えたいリストに追加することをおすすめ。


ツボに鍼をうつ、私たちが提供している鍼灸のチカラ。


生理痛や生理不順、若年性更年期症状や赤ちゃんを授かるための妊活において、

鍼灸では、体循環バランスを整え、体の歪みも調整します。これらが整うことで気血水液の流れが良くなり心身ともに

健やかにホルモン分泌を促すことができる体へと変化していきます。


鍼の刺激が温熱刺激で期待できるような自然な温かさや緊張していた筋肉の緩まり、神経系の安定を導きます。


今からでも遅くない、鍼灸のチカラで美脳ホルモンUP!

原編集長

原編集長

メディア事業部編集長 鍼灸師