鍼って何?どうして効くの?

この記事は

コリトレールメディア編集部

 

 

治療に広く応用する治療「鍼治療」

鍼治療とは身体表面に鍼を接触または刺入して、生体に機械的刺激を与える物理療法です。

この機械的刺激によって生体に起こる反応を利用し、その機能の変調を正し、保健及び疾病の予防または治療に広く応用する治療を鍼治療と呼びます。

 

簡単にいうと、鍼治療とは鍼という道具を使って身体に刺激を与える治療法の事を指します。

鍼を刺した刺激で身体に「ケガしたから治さなくちゃ」と思わせ、免疫を司る白血球を活性化させたり、血流の悪いところに沢山の血液を送り込んだりして身体の悪い所を治す、その治療法を鍼治療と呼ぶのです。

 

 

世界保健機関(WHO)が有効性を認めている。

その効果については公的機関にも認められ、1997年にはアメリカの国立衛生研究所(NIH)が鍼灸の効果と科学的根拠を認める声明を発表しました。

また2002年には世界保健機関(WHO)で、さまざまな疾患や症状に対する有効性を認めています。

つい最近も、WHOの「国際疾病分類」(病気や死因の統計に使われる病気の分類法)に、漢方・はり・きゅうなど東洋の伝統医学が加わることが発表されました。ますます鍼灸治療が求められる世の中になってきています。

 

 

さまざまな治療的作用

どうしてこんなに鍼治療が求められているのでしょうか?その理由は、鍼が自己治癒力を高めて症状を治すから。薬に頼らないナチュラルな治療法であることが人気の一つです。鍼を1本刺すだけで、身体にはたくさんの作用が起こります。

 

≪さまざまな治療的作用≫

作用とは、鍼の刺激によって起こりうる生体反応のことです。

・神経の調整作用

・血液の誘導作用

・反射作用

・鎮痛作用

・消炎作用

・免疫作用

などが挙げられます。

 

 

鍼治療が内臓疾患に効果的

神経の調整作用は、鍼治療が神経系の機能を調える作用です。局所的に痙攣や筋緊張を起こしていれば鎮め、運動麻痺や内臓臓器の機能減退のように神経機能の弛緩があれば興奮させて動かします。

血液の誘導作用は、鍼刺激によって毛細血管が拡張し、循環血液量を局所的に増加させます。治療目的によって血液を誘導する場所を使い分けます。

反射作用とは、鍼刺激によって反射反応を引き起こし、施術部位から離れた部位の機能を調節することです。鍼治療が内臓疾患に効果的なのはこの作用を利用しているからです。

 

 

鍼治療の特徴

他にも鎮痛・消炎・免疫作用がありますが、これらも鍼刺激によって体内の反応を引き起こし、身体に作用します。これらの作用は刺激されるほどに機能が高まり、健康な身体になっていきます。

治療的作用が組み合わさって症状を治す。それが鍼治療です。たった1本の鍼が身体の機能を目覚めさせ、治療しながら身体を丈夫にしていくのです。治療と養生が同時に出来るのが鍼治療の特徴でもあります。

 

 

 ~まとめ~

 

今はドラッグストアに置き鍼やお灸が置いてあります。簡単に手に入り、セルフケアとしても人気が高いことが窺えます。まだ鍼を受けたことがない方は、この機会にぜひ鍼治療デビューしてみませんか?

コリトレールメディア編集部

コリトレールメディア編集部

メディア編集部です!


お近くの店舗へのお問い合わせ

メディアに関するお問い合わせ

この内容で送信します。よろしいですか?