Original

アンジェリーナ・ジョリー、ベル麻痺を告白(鍼治療で回復)

鍼治療によって回復

ナリナリドットコム

アンジェリーナ・ジョリー(42歳)が、昨年、ベル麻痺(顔面神経麻痺)と診断されていたことを明かした。


ベル麻痺は一時的に顔面神経が麻痺するものだが、アンジェリーナは家族のことを第一に考えていたため、長い間治療をしなかったものの、顔の片側が下垂する症状だったのを鍼治療によって回復させていたとヴァニティ・フェア誌の9月号に話している。

 

自分の命と健康は自分で管理している。

「これは更年期だからなのか、1年でいろいろあったことが原因なのか分からないわ。家庭を持つ女性は時に、健康状態が悪化するまで自分を最後に考えてしまうものだから」

「私は自分の選択に関して賢く選び取ってきたから、より一層女性だという実感がするの。私は家族を第一に考えているし、自分の命と健康は自分で管理している。それこそ女性を完璧な存在にするものじゃないかしら」

 

ひとり親として努力

12年もの交際期間を経て結婚するも、その2年後の2016年9月にブラッド・ピットとの離婚を申請したアンジェリーナは、ひとり親として努力を重ねていると続けている。

 

良き主婦でいるよう努力

「この9か月、良き主婦でいるよう努力してきて、犬のフンを片付けたり、お皿を洗ったり、子どもたちが寝る時には本を読んであげたりしているわ。その全部で上達しているのよ」

 

Last year, in addition to hypertension, Jolie developed Bell’s palsy, a result of damage to facial nerves, causing one side of her face to droop. “Sometimes women in families put themselves last,” she says, “until it manifests itself in their own health.” Jolie credits acupuncture for her full recovery from the condition.

 

https://www.vanityfair.com/hollywood/2017/07/angelina-jolie-cover-story


 

 

~お知らせ~

顔面神経麻痺には、Dr.LiuMethod鍼治療が効果的!

Dr.LiuMethod 顔面神経麻痺 鍼治療

治療について


顔面神経麻痺は顔面に症状が表れる疾患ですが、顔面に点在する経穴への刺激だけで事足りると思ってはいけません。

下肢への経穴、胆嚢点、陰陵泉(いんりょうせん)、陽陵泉(ようりょうせん)、三陰交(さんいんこう)などにも施術し、経絡における気の流れを改善することも大切です。

身体全体のシステムを考え、局部から全体へ、全体から局部へとイメージして、相互の関連に留意しながらポイントを絞っていくことが重要になります。

また、胃経、胆経など、顔の側面を走行している消化器系の<経穴を刺激して、消化機能を改善し、栄養の供給をスムーズにすることで、筋肉の働きを良くすることも末梢神経の回復につながります。

顔面にある経穴では、頬車(きょうしゃ)、四白(しはく)、翳風(えいふう)、廉泉(れんせん)など患側の表情筋や皮膚に対する刺激が大切です。

中でも、翳風は顔面神経の通り道にあたるので、特に重要です。

頬車も咀嚼筋の上に位置するので、重要な経穴です。

咀嚼する機能が低下すると消化不良になりやすく、栄養の補給が妨げられ症状の回復が遅れるからです。

廉泉は舌の動きを改善します。顔面神経は協調して働いているので、舌の動きを良くすることで、顔面全体の気の流れを調節することができます。

鍼の効果を高めるためにマッサージの併用を行っており、翳風、頬車に重点的にマッサージするほか、麻痺側の前頭部やオトガイ孔や耳介に対する手技も重要となります。

灸の併用も効果的で、特に中耳炎や鼻炎、扁桃炎など、炎症を伴う症状には、免疫力を高め炎症を抑える効果が期待できる灸を併用しています。

 


当院の治療実績を信じて、安心してご来院ください。

 


お近くの治療院へご相談させてください!

(画像をクリックしてください)

 

 

コリトレールメディア編集部

コリトレールメディア編集部

メディア編集部です!


お近くの店舗へのお問い合わせ

メディアに関するお問い合わせ

この内容で送信します。よろしいですか?