がんの抑制効果がある細菌とは 【世界一受けたい授業20170819】

がんの抑制効果がある細菌とは ...

世界一受けたい授業. 2017年8月19日(土)の放送で、このような内容が話されていました。

『アナタの知っている医療はもう古い 不可能を可能にする最先端医療』 島田 順一 先生▶profile

 

「ある食べ物を食べると、がんを抑制する細菌を摂取できる。」

 

それは、抗がん剤と同じ効果をもつ細菌として、科学誌「サイエンス」に掲載。

 

シカゴ大学の論文で発表されている。

 

それは細菌とは。。。

 

ビフィズス菌

ヨーグルトなどに含まれているビフィズス菌だが、

ヨーグルトの中にはビフィズス菌が含まれてないものもあるため注意が必要。


「リンパ球の働きが活性化し、がん細胞を抑制する」という。

 


科学誌「サイエンス」に掲載されている内容は、

Commensal Bifidobacterium promotes antitumor 
immunity and facilitates anti–PD-L1 efficacy

共生ビフィズス菌(Bifidobacterium)は抗がん免疫を亢進するとともに抗PD-L1抗体の治療効果を促進する

Science http://science.sciencemag.org/content/350/6264/1084

 

 

Ayelet Sivan, Leticia Corrales, Nathaniel Hubert, Jason B. Williams, Keston Aquino-Michaels and more


Commensal Bifidobacterium promotes antitumor 
immunity and facilitates anti–PD-L1 efficacy


Gut microbes affect immunotherapy
The unleashing of antitumor T cell responses has ushered in a new era of cancer treatment. 
Although these therapies can cause dramatic tumor regressions in some patients, 
many patients inexplicably see no benefit. 
Mice have been used in two studies to investigate what might be happening. 
Specific members of the gut microbiota influence the efficacy of this type of immunotherapy (see the Perspective by Snyder et al.). Vétizou et al. 
found that optimal responses to anticytotoxic T lymphocyte antigen blockade required specific Bacteroides spp. 
Similarly, Sivan et al. discovered that Bifidobacterium spp. 
enhanced the efficacy of antiprogrammed cell death ligand 1 therapy.

Science, this issue, p. 1079 and p. 1084; see also p. 1031


Abstract
T cell infiltration of solid tumors is associated with favorable patient outcomes, 
yet the mechanisms underlying variable immune responses between individuals are not well understood. 
One possible modulator could be the intestinal microbiota. 
We compared melanoma growth in mice harboring distinct commensal microbiota and observed differences in spontaneous antitumor immunity, 
which were eliminated upon cohousing or after fecal transfer. 
Sequencing of the 16S ribosomal RNA identified Bifidobacterium as associated with the antitumor effects. 
Oral administration of Bifidobacterium alone improved tumor control to the same degree as programmed cell death protein 1 ligand 1 
(PD-L1)–specific antibody therapy (checkpoint blockade), and combination treatment nearly abolished tumor outgrowth. 
Augmented dendritic cell function leading to enhanced CD8+ T cell priming and accumulation in the tumor microenvironment mediated the effect. 
Our data suggest that manipulating the microbiota may modulate cancer immunotherapy.

 


 

ビフィズス菌を気軽に摂取できるサプリメントを開発しました!

森永乳業のビフィズス菌から開発したサプリメント

 

「BABYFLORA」ビフィズス菌LM株®配合サプリメント ▶詳細はこちら

 

「SLIMBIFI」 ビフィズス菌B-3配合サプリメント ▶詳細はこちら

 

 

 


島田順一先生 プロフィール

京都府立医科大学大学院
医学研究科 呼吸器外科学 病院教授 診療部長。
1962年大阪生まれ。京都府立医科大学 医学部卒業
京都府立医科大学大学院医学系研究科 外科学専攻課程修了。
医学博士。大阪府済生会吹田病院 心臓血管呼吸器外科、
京都府立与謝の海病院 外科技師、京都府立医科大学 助手、
講師を経て現職。専門は 外科学、呼吸器外科学、医用工学。
「タッチパネルナビゲーションを用いた直感的な内視鏡手術システムの開発」、
「見せる照明から 魅せる照明へ」をキーセンテンスとして固体照明の医療応用
国立長寿医療センター老化機構研究部 客員研究員

 

上に戻る▶

コリトレールメディア編集部

コリトレールメディア編集部

メディア編集部です!