運動のすゝめの話

この記事の監修鍼灸師

コリとれーるカレッタ汐留院 渡邊先生

  

ロコモティブシンドロームと言う言葉をご存じでしょうか?

和文では運動器症候群。長ったらしい名前なので、略して『ロコモ』などとも言われています。今日はこのロコモについてお話します。


ロコモとは、腰や膝の関節や骨のトラブルなど運動器の障害により、将来要介護になる危険性の高い状態のことを指します。

運動器は骨や筋肉、腱や靭帯など体を動かす器官の総称です。言うなればロコモは、引きこもりや寝たきりの予備軍なのです。

ロコモは最初ほとんど自覚症状がありません。少しずつ静かに進み、痛みが出た時にはかなり進行し悪化してしまっています。

今ではすっかり耳慣れた言葉となったメタボリックシンドローム(略してメタボ)ですが、超高齢社会の日本では、メタボと同様、あるいはそれ以上にロコモの予防にも努める必要があります。

老化や運動不足になると、関節が動きにくくなり、痛みやしびれが出たり、筋力や体力、バランス能力が低下することで、転倒しやすくなります。転倒は、『歩けなくなる』、『寝たきりになる』大きな要因です。

要介護になると、認知症の危険性も高まります。

ロコモの恐ろしいところは徐々に重病化してゆくことです。少し膝や腰が痛いけれど年だから仕方がないと放っておくと、外へ出かけるのが億劫になります。行動範囲が狭まって、運動不足になると、ますます運動機能の低下に拍車がかかります。

寝たきり・要介護にならず、自分の足腰で自立した生活を送るには、ロコモ予防・脱ロコモしかありません。

ロコモには適切な運動療法が不可欠です。骨や関節、筋肉などの運動器は、よく使う、正しく使うことでその機能が維持されているからです。

もちろん若いうちから予防するにこしたことはありませんが、高齢者でも、身体が不自由になってからでも脱ロコモは可能です。

 

例えば、寝たきりの人ならば、寝たままでも動かせる範囲で身体を動かす努力を。

立ち上がれない人は立つ努力を。立てるようになったら、歩く努力を。身体は少しずつレベルを上げてゆくことで、必ず改善していきます。

日本整形外科学会では、日常生活に必要な体の移動に関わる機能を手軽にチェックできる『ロコモ度テスト』作っています。

手軽にできるテストなので、定期的に自分の身体の状態を確認するのもよいでしょう。

体が硬くなった。膝や腰に違和感がある。家の中でつまずいたり、滑ったりすることがある。

 

そんな身体の状態に気付いたら、ぜひお近くの医療機関(整形外科・鍼灸院・接骨院など)にご相談ください。

きっと適切な治療とアドバイスが得られる筈です。

 

渡邊先生所属の治療院はこちら
 ■ コリとれーるカレッタ汐留院サイト▶
 ■ お電話はこちら▶

渡邊先生

渡邊先生

鍼灸師(ドクター・リウ鍼灸院 渋谷駅前院)


お近くの店舗へのお問い合わせ

メディアに関するお問い合わせ

この内容で送信します。よろしいですか?