冬とガマンとダイエット

この記事の監修鍼灸師

コリとれーるカレッタ汐留院 山川先生  

 

 

今回は「冬とダイエット」のお話です。

いよいよ気温がぐっと下がり、上着なしには外へ出られない季節になりましたね。

しまい込んでいた冬物を引っ張り出した方も多いのではないでしょうか。

 

一度でもダイエットを考えたことのある方なら、「冬は体重を落としやすい」という情報をどこかでつかんでいるのでは?

しかしその一方で、こんな話も聞いているはずです。

「いや、冬はかえって太りやすい」。

一体どちらが本当なのか?実はこれ、両方本当です。どちらもそれなりにちゃんとした根拠があります。

 

 

冬は痩せる!?

まず「冬はやせやすい」説から見ていきましょう。

ダイエットのための運動というと、しっかり汗を流すイメージですよね。

なので夏の炎天下で行う運動はものすごくやせそうに思えますが、実はこれ大きな間違いです。

汗は体温を下げるために反射で体が流しているだけ。

なので体内の水分は減りますが、エネルギーはほとんど消費していないんです。

重要なのは「体に汗を流させるほどに、自力で体温を上げる」こと。

体温を下げるには汗をかけば、あとは風などが体を冷やしてくれるのですが、上げるのは少し事情が違います。

熱を生むことができる器官、つまり筋肉をたくさん働かせることにより体温を上げているのです。

寒いところに薄着で出ると体が震えるのは、脳が「熱作ってー!」と筋肉を動かしているためです。

筋肉を動かすためにはもちろんエネルギーが必要。

イコール、体温を上げることはとてもエネルギーを使うことなので、そうした意味で確かに「冬はやせやすい季節」と言えます。

 

 

冬は太る!?

納得していただけたところで、今度は「冬は太る」説に行きましょう。

ここまで読んでいただけたなら「エネルギー消費しやすいのに太るの?」とお思いのことでしょう。

寒い環境でしばらく過ごすと、体は徐々に寒冷地仕様へと変化していきます。

そのひとつとして体温を下げないためのエネルギー消費アップがあります。

しかし一方で、生み出した熱を逃がさないようにする変化も出てきます。

そう、脂肪の層づくりです!熱を逃がさないため、そして外の冷気を入れないために脂肪がつきやすくなるのです。

さらに体温上昇のためにエネルギーをたくさん使っているので食欲もアップ。

消費は増えても結果的に冬太りしてしまうこととなります。

これが「冬は太る季節」である理由です。

 

 

冬のやせるポイントまとめ

冬にやせるコツは、体温を上げる機能をうまく使いながら摂取カロリーを調節すること。

ただし、エネルギー消費アップを狙って無理な薄着をするのは絶対に避けましょう。

冷えを感じているところには優先的に脂肪がついていきます。

また、冷えは血行を悪くするのでむくみにもつながりやすいのです。

特に太ももや二の腕などやせにくい箇所を冷やすのはもってのほかです。

おしゃれはガマンと惜しげもなく脚を木枯らしにさらしていると、いつのまにかどこにもさらせない脚になっているかもしれませんよ。

 


山川先生所属の治療院はこちら

 ▶コリとれーるカレッタ汐留院サイト

 ▶オンライン予約

山川先生

山川先生

コリとれーるカレッタ汐留院所属 鍼灸師


この内容で送信します。よろしいですか?