花粉症も緩和~免疫力を上げる鍼治療

この記事の監修鍼灸師
ハリアップ六本木ヒルズ院
 横山先生

コラム初登場です

今日は花粉症に対して鍼治療がどのように効くのかお話します。

花粉症が起こるメカニズム

まず最初に、花粉症が起こるメカニズムについての説明です。

 

 ① 花粉が目や鼻から入る

 ② リンパ球花粉侵入者と認識する

 ③ リンパ球がIge抗体をつくる

 ④ Ige抗体が肥満細胞にくっつく

 ⑤ 再び花粉が侵入する

 ⑥ 化学物質(ヒスタミンなどが)が分泌される

 ⑦ くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみ、目の充血など、涙目などの症状があらわれる

 

  以上が花粉症が起こるメカニズムです。

 

 

花粉症が悪化してしまうNG習慣

次に花粉症が悪化してしまうNG習慣についてです。

 

睡眠不足  免疫やホルモンバランスが崩れます。

ストレス  ストレスは自律神経(交感神経・副交感神経)を乱すことがあります。

自律神経の乱れにより免疫が過剰に働いてしまい、アレルギーを引き起こしやすくなります。

アルコールの摂りすぎ → お酒は血管を拡張させて、鼻づまりや目の充血などの症状をおこりやすくしてしまいます。また、おつまみは高たんぱく、高脂質なものが多く、食べ過ぎると免疫力を低下させることがあります。

タバコの煙 → 煙は鼻の粘膜を直接刺激し、鼻づまりを悪化させる原因になります。

運動不足 → 花粉シーズンは外出を敬遠してしまいがち。運動不足で体力低下が起こり、免疫のバランスが崩れることにつながる可能性も。運動をするなら、花粉の飛散が少ない午前中やスポーツジム、プールでの運動がオススメ。

 

以上、NG習慣の例としてあげましたが、忙しい社会人にとってはこれらのことに注意して生活をすること自体が難しいことであり、無理をしてすべて守ろうとすることで逆にストレスがたまってしまうなんてことも。

まずは「免疫(力)」を正常にすることが花粉症の症状を和らげるのに関係があるということが大事です。

 

免疫力アップに有効な鍼治療

それでは本題の鍼の効果について。

 

 ・鎮痛作用や精神安定作用がある

鍼灸施術で痛みを和らげるホルモンや幸せを感じるホルモンを増やせるという研究結果が出ています。鍼の刺激が脳に伝わり、この刺激が長く続くと、痛みを麻痺させるホルモン(エンドルフィン)や幸せを感じるホルモン(オキシトシン)が生まれます。

 

 ・心拍数を下げる効果

副交感神経(リラックスさせる)を優位にすることができます。セロトニン(精神安定物質)の産出を促進させる効果もあります。

 

 ・免疫力を整える作用

→免疫をつかさどるのは白血球であり、この白血球は顆粒球リンパ球に分けることができます。顆粒球は細菌を処理する力がつよく、リンパ球はウイルスなどの小さいものに対して効果を発揮しますが、リンパ球が過剰に働くとアレルギー反応として花粉症の症状があらわれます。

実際に鍼治療は自律神経(交感・副交感神経)のバランスを調整することができ、リンパ球の割合をコントロールできることがわかってきています。

 


このように花粉症の発症に関係がある免疫力の向上に鍼治療は効果があるということがわかります。症状を完治することは出来なくても緩和させることはできます。
また、鍼治療は薬を使わないので眠くなるなどの副作用が無いのも特徴です。

毎年、花粉症でお困りの方は一度治療を受けてみてはいかがですか?


それではまた次回!

 


所属の治療院はこちら

▶HARI-UP六本木ヒルズ院

 

 

 

横山先生

横山先生

鍼灸師(ハリアップ六本木ヒルズ院)