臨床講座をえらぶ

劉先生の臨床勉強会(疾患別鍼灸)

DVD教材付き講座
劉先生直接・マンツーマン・少人数超実践

■年間全5回 
開催計画中

(急性腰痛・股関節痛・五十肩・頚椎症・肩こり・寝違い・慢性腰痛・膝関節痛・顔面神経麻痺・難聴)

■(この疾患別鍼灸について)
いくら私のデモンストレーションを見ていても、実際の体得は難しいものです。この勉強会では、見たことを手で感じて覚えるまで、実習で指導しています。これが、臨床勉強会なのです。
今日学んだことを、明日から使うこと。どんどん使うこと。そのために、方向から角度、ツボはここだ、とツボの位置を徹底して教えています。なぜなら、効果がでるから。患者を喜ばせることができるから。
ここに参加している先生が治療家として主役になれるよう、私は指導しています。患者を治し、喜ばせること・感動させることは、私たち治療家の使命であるから。

劉勇

さらに上を目指す治療家の疾患別臨床講座

・短期間の治療で結果を出し、患者様の苦痛をとる治療法を教えます。

・問診で見極め治療法を組立てる。方向・深さ・角度。徹底した指導で結果を出します。

・劉勇先生の臨床で得たエビデンスに基づいた鍼、マッサージ手技、整体

 →鍼治療で結果を出す為に必要な、複合的な技を実践指導で教えます。

【対象者レベル】
より高度な治療法を学びたい鍼灸師。 臨床歴5年相当以上。


募集要項

1.開催日時 開催計画中
【全5回】13時~15時

2.内容 計画内容

第1回 
テーマ 3回で治す急性腰痛・股関節痛「椎間板ヘルニアになる直前をくいとめる」
説明 坐骨神経痛、脚のしびれ、臀部の痛み、腰部の痛みに対する診察法、すべり症など合併症との鑑別法や治療の立案。【頸・背中・腰・足】へのアプローチを臨床から得た理論からしっかり教えます。

第2回
テーマ 3回で治す五十肩・頚椎症「上がらなくて痛い、を治す。しびれ・放散痛をくいとめる」
説明 見落としがちな震源地の見極め方と、遠隔部からのアプローチ。翳風と胆のう点を極める。圧倒的に結果が変わる肘からのアプローチ。鍼と組み合わせて効果を上げる整体・運動法。

第3回
テーマ 3回で治す肩こり・寝違い「痛みとコリをとる。首の可動域を戻す」
説明 肩こりの原因が「運動器系に起因するもの」「内臓系に起因するもの」鑑別法と治療の立案方法。「痛点と患者さんが痛みを訴える場所はそれほど一致しない」という考え方とそのメカニズム、治療テクニック。

第4回
テーマ 3回で治す慢性腰痛と運動療法「股関節へのアプローチと運動療法で根本的に治す」
説明 慢性腰痛の中に潜む下肢疾患へのアプローチ法。様々な原因のある「慢性腰痛」の中で特に股関節が原因となっている場合の鑑別法と治療の立案方法と運動療法。

第5回
テーマ 3回で治す顔面神経麻痺・難病「翳風を確実に狙う技。劉先生の極意をまとめる」
説明 明確なツボの位置・刺し方・深さ・角度。特効欠へのアプローチを体得します。響きの真髄と神経効果が分かるようになります。解剖と疾患のメカニズムを知った上での治療の立案を再確認する最終回。

3.定員 未定

4.開催場所 未定

5.講師 医学博士 劉勇 / 劉臨床塾認定講師

6.受講料 未定
全5回 120,000円(税抜) / 入会金4,000円(税抜)

※単発でのお申込は、人数枠がある回のみ受付(28,000円(税抜))

7.お申込方法 未定
(FAX)専用の申込書にご記入・ご送付のうえお振込ください。
(Web)劉臨床塾ウェブサイトよりお申込ください。クレジット払いが可能です。

8.お申込締切 未定
※単発でのお申込は、枠がある回のみ開催前月の10日締切にて受付。

実施報告

参加者の声
・これまでやってこなかった治療法でとても新鮮でした。すぐに実践したいと思いました。(五十肩・頚椎症)
・肘周囲の施術の重要性がよく理解できた。(五十肩)
・一回一回、先生が直接回って来てくださり、説明してくださったのでかなりわかりやすかった。
・実践中心で分かりやすい点が大変よかった。
・腰痛の原因は運動器系にあらず!(慢性腰痛)
・鍼は刺さないと効かないと思い強刺激で治療していたが、この勉強会で効かせる鍼が分かった。(難聴)
・腰痛に対する全体の考え方がよく分かった。
・鍼の角度と刺したときのコリの感覚、鍼の後のマッサージの必要性、一番の収穫です。
・鍼と組み合わせる整体でよりよく学べました。(五十肩・頚椎症)
・ツボが確実にとれるようになりました。(顔面神経麻痺)
・今までは腰の疾患の場合、背中・腰・足、にだけ集中していたが頸部・腹部の重要性を感じた。
・鍼を刺す本数の少なさにびっくりしました。少ない本数で効果を上げたいと思いました。


■サイト運営
 コリトレール株式会社 
 劉臨床塾 運営委員会

無料見学・お問合せ TEL:03-6435-6649 お気軽にご相談ください。
勉強会レポート・詳細は、劉臨床塾【検索】

この内容で送信します。よろしいですか?